株式会社八大不動産 >株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧

株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

キレイな新築の賃貸物件に住みたい!そのメリットとはの画像


賃貸Q&A

キレイな新築の賃貸物件に住みたい!そのメリットとは
新築物件とは、築1年以内で過去に誰も住んだことのない物件を指します。   せっかく新しい生活を始めるのであれば、よりきれいな物件で新生活をスタートさせたいと思う方も多いのではないでしょうか。   新築の賃貸物件に住むメリットについてお話しいたします。 新築の賃貸物件に住むメリットは何といっても設備の新しさ 誰もが思うのは建物が新しいという点でしょう。   見た目の綺麗さはもちろん、設備も最新モデルの物が設置されています。   キッチンや水回りなどの設備は新しいモデルの方が省エネに設計されていることも多く、月々の光熱費にも影響してき...

2021-09-17

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン~退去時のトラブル対策の画像


賃貸Q&A

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン~退去時のトラブル対策
賃貸物件の退去時に、大家やオーナーと借り手が原状回復について紛争となることを避けるべく、国土交通省によって「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が定められています。   今回は、このガイドラインの内容について、解説していきたいと思います。   原状回復をめぐるトラブルとガイドライン~原状回復とは   まず原状回復とは、部屋を入居時の状態に戻すことです。   全部を入居時と同じ状態にまでピカピカにきれいにしていくとすれば、壁紙やフローリングを、全面張り替えるような修繕をしなければならないことになってしまいます。   これではあまりにも借り手に...

2021-09-13

不動産管理のトラブル! オーナーが認知症になった場合の画像


管理とは

不動産管理のトラブル! オーナーが認知症になった場合
最近、土地や建物、アパート等の不動産を所有している方より、高齢になってきたのでどうしたら良い、認知症になる前にどうしたら良い等のご相談を頂くことが増えています。そこで今回は、オーナー様が認知症になった場合についてです。賃貸アパート・マンションに住む人は、不動産の持ち主であるオーナーと契約を結んでいます。しかし、そのオーナーが認知症などになってしまったら、どのような問題が生じるのでしょうか。不動産管理と認知症:オーナーが認知症になると賃貸契約が結べなくなる?不動産オーナーが認知症になった場合には、自分の意志で決定する能力がないと見なされ、法律上のさまざまな行為が制限されることになってしまいます。...

2021-09-10

トップへ戻る