株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > フリーランスでも住宅ローンの契約は可能?審査ポイントや注意点を解説

フリーランスでも住宅ローンの契約は可能?審査ポイントや注意点を解説

≪ 前へ|謹んで震災のお見舞いを申し上げます   記事一覧   【空き有】高浜市、碧南市の駐車場をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:売買Q&A

フリーランスでも住宅ローンの契約は可能?審査ポイントや注意点を解説

働き方の多様化にともない、企業などに所属せずにフリーランスとして働く方が増えています。
フリーランスの方がマイホームを購入する場合、会社員と同様に住宅ローンを契約することは可能なのでしょうか。
そこで今回は、フリーランスでも住宅ローンの契約は可能なのか、審査ポイントや注意点とあわせて解説します。

フリーランスでも住宅ローンの契約は可能?

フリーランスでも住宅ローンの契約は可能?

フリーランスとは、企業などに所属せず、仕事に応じて契約を結ぶ働き方のことです。
個人事業主、自営業とも呼ばれます。
所属先がなく、縛られない点が魅力ですが、仕事に応じて契約を結ぶため、収入が不安定な働き方です。
住宅ローンの契約前には審査がおこなわれ、審査に通過した方しか住宅ローンを契約できません。
この審査は、大手企業に正社員として勤めている方、公務員の方などが収入の安定性を評価され、とおりやすいといわれています。

フリーランスでも住宅ローンの契約は可能?

収入の安定性が不安視されやすいフリーランスの方でも、住宅ローンを契約することは可能です。
住宅ローンの契約後は、住宅ローン控除も利用できます。
ただし先ほどもお伝えしたとおり、住宅ローンを契約するためには審査にとおらなくてはなりません。
住宅ローンの審査を受け、さまざまな角度から「返済能力がある」と判断された場合は、そのまま契約に進めます。
審査のポイントについては、後ほど解説します。
フリーランスの方が住宅ローンの審査を受けるためには、3年分以上の確定申告書の用意が必要です。
会社員などの給与所得者は、源泉徴収票があれば収入を証明できます。
しかし、フリーランスの方は収入の証明が難しく、また1年分の確定申告書だけでは安定性を判断できないため、確定申告書の提出が求められるのです。

なぜフリーランスは住宅ローンの契約が難しいといわれるのか

フリーランスの方でも、金融機関の審査基準を満たせば住宅ローンの契約は可能です。
一方、会社員や公務員であっても、ほかに多額の借り入れをおこなっていたり、信用情報に傷が付いていたりすると、審査にとおらないこともあります。
そのような事実があっても「フリーランスは住宅ローンの契約が難しい」といわれるのは、所属先から受けられる補償がフリーランスにはなく、収入が安定しづらいためです。
会社員は毎月安定した収入があり、万が一体調を崩したとしても、一定期間は傷病手当金を受け取りながら休むことができます。
フリーランスの方が働けないほど体調を崩した場合は、基本的には傷病手当金などもなく、収入が途絶えてしまうでしょう。
住宅ローンの契約期間は長く、どのような働き方をしていたとしても、何があるかはわかりません。
しかし、フリーランスは急激に収入が減少する可能性があり、それが金融機関からリスクだと判断され、住宅ローンにとおりにくくなるのです。

▼この記事も読まれています
昇降式のキッチン収納って必要?メリットとデメリットを解説

フリーランスが住宅ローンの審査でチェックされやすいポイントとは?

フリーランスが住宅ローンの審査でチェックされやすいポイントとは?

フリーランスと会社員とでは、住宅ローンの審査でチェックされるポイントが異なります。
審査ポイントは多岐にわたるため、ここではおもなポイントに絞って解説します。

審査ポイント1:独立してからの年数

会社員の場合は勤続年数が判断材料のひとつとなりますが、フリーランスの場合は独立してからの年数がポイントです。
一般的には、独立してから3年経過すると仕事が安定し、審査にとおりやすくなるといわれています。
また、年収の審査の際に3年分の確定申告書が必要となるため、そちらをクリアするためにも独立してから3年経っていることは重要です。
年数が基準に満たない場合は、3年以上経過するタイミングを待って申し込むと良いでしょう。

審査ポイント2:年収

フリーランスの方の年収は収入が基準ではなく、収入から経費を差し引いた所得で判断されます。
金融機関によって異なりますが、所得が300万円以上あると審査にとおりやすいでしょう。
ただし、体調を崩した年は収入が急減したり、大きなプロジェクトに携わった年は急増したりと、年によって収入に大きな差がある方は少なくありません。
複数年分の確定申告書を提出し、少なくとも直近3年間は黒字であることを証明する必要があります。

審査ポイント3:支払い能力

過去に支払いの滞納歴はないか、現在ほかに多額のローンを契約していないか、住宅ローンを完済できるかなど、支払い能力も審査ポイントのひとつです。
過去にローンを滞納したことがある方は、滞納から数年間は信用情報に記載されてしまうため、審査にとおりにくくなります。
とくに気を付けたいのは税金で、一度でも滞納すると住宅ローンを契約できない金融機関もあります。
また現在ほかのローンを借り入れている方は、借り入れ上限を超えてしまわないかチェックしましょう。
ほかの借り入れがあるだけで、リスクが高いと判断する金融機関もあるため、注意が必要です。
将来的に完済できるかどうかは、直近3年間程度の所得の推移によって判断されます。

審査ポイント4:健康状態

フリーランスの方は、本人の体調によって収入が大きく左右される傾向があります。
そのため、健康状態は重要な審査ポイントです。
住宅ローンの契約時には、基本的に団体信用生命保険への加入を求められるため、保険に加入できる程度の健康を証明する必要があります。
健康診断の結果などをもとに、正しく申告しましょう。

▼この記事も読まれています
新築の間取りでおすすめのリビングインとは?メリットデメリットも紹介

フリーランスが住宅ローンを契約する際の注意点

フリーランスが住宅ローンを契約する際の注意点

フリーランスが住宅ローンを契約する際には、会社員とは違った注意点があります。
ここでは、おもな注意点を3つご紹介します。

注意点1:確定申告で経費を計上しすぎない

フリーランスの方の年収の基準となるのは、収入ではなく所得です。
しかし、確定申告の際には経費を多く計上したほうが税額を抑えられるため、あえて多くの経費を計上している方は少なくありません。
経費を多く計上すると所得が少なくなり、住宅ローンの審査にとおりにくくなります。
年収の審査基準を満たすためにも、住宅ローンを契約すると決めたら、数年間は経費の額を調整するようにしましょう。

注意点2:住宅の条件を守る

多くの金融機関では、住宅ローンの資金用途を「マイホーム」または「事務所や店舗との併用住宅」の購入やリフォームと定めています。
併用住宅の場合は、「事務所・店舗部分は自分が使用する」「自宅部分が延床面積の50%以上」といった条件が定められていることもあります。
自宅の一部を、事務所や店舗とするフリーランスの方は珍しくありません。
そのなかでも店舗を経営する方は、店舗部分の割合が大きくなりがちです。
自宅部分との割合に注意しながら、事務所や店舗の間取りを計画しましょう。

注意点3:頭金を用意する

住宅ローンは、頭金を用意せずに契約することも可能です。
しかし頭金を用意したほうが、借入金額が少なくなり、今後の負担も少なくできます。
また、貯蓄ができるほど所得があることの証明にもなるため、収入の安定性の審査の面でも役立つでしょう。
住宅ローンを契約できるかどうか不安を抱いているフリーランスの方は、できる限り頭金を用意してから申し込むのもひとつの手です。

▼この記事も読まれています
二人暮らしの間取りはどれがベスト?3つのケースにわけてご紹介

まとめ

フリーランスの方でも、住宅ローンを契約することは可能です。
ただし収入の安定性の面から、給与所得者より審査にとおりにくい傾向はあります。
審査のポイントは、独立してから3年以上経つことや、収入(所得)が一定以上あること、健康であることなどです。
また、自宅の一部を事務所や店舗として使用する場合は、自宅部分の面積が延床面積の50%以上になるように計画しましょう。


≪ 前へ|謹んで震災のお見舞いを申し上げます   記事一覧   【空き有】高浜市、碧南市の駐車場をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


エクセレント

エクセレントの画像

賃料
5.4万円
種別
アパート
住所
愛知県碧南市浜尾町1丁目34-1
交通
新川町駅
徒歩10分

アヴァンス翼

アヴァンス翼の画像

賃料
4.2万円
種別
アパート
住所
愛知県高浜市神明町6丁目
交通
三河高浜駅
徒歩21分

リバティーハウス

リバティーハウスの画像

賃料
3.9万円
種別
マンション
住所
愛知県碧南市新道町1丁目
交通
新川町駅
徒歩19分

レーベメゾンIS

レーベメゾンISの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
愛知県高浜市沢渡町4丁目7-2
交通
三河高浜駅
徒歩6分

トップへ戻る