株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > 土地を売りたい!買いたい!土地売買のポイントまとめ

土地を売りたい!買いたい!土地売買のポイントまとめ

≪ 前へ|★碧南市縄手町5丁目新築分譲住宅~建築中~   記事一覧   ★碧南市伏見町新築分譲住宅~1号棟~|次へ ≫
カテゴリ:売買Q&A




使わない土地を売りたい、新しく土地を買いたい。


 

多くの人にとって、土地の売買は人生に何度もない機会です。


 

初めての土地の売買は不安なことが多いですよね。


 

土地の売買には正しい知識と、トラブルにつながるポイントを把握することが不可欠です。


 

土地売買の際に注意すべきポイントはたくさんありますが、今回は非整形地に焦点を当て、売主、買主それぞれの視点でみていきましょう。






土地売買の重要ポイント 非整形地とは

 





土地売買の重要ポイント 非整形地とは

 




土地は大きく、整形地と非整形地に別れます。


 

形が整っており、傾斜がほとんどなく、建物を建てやすい土地は整形地と呼ばれます。


 

整形地以外の土地が非整形地と呼ばれます。


 

非整形地とは、形が三角形などで整っておらず、傾斜があるなどの理由で、建物が建てにくい土地がほとんど。


 

そのため非整形地は、固定資産税の税率が軽減されます。


 

また、時価が安いものの、建物を建てるのに適さなかったり、道路に出にくいなど建物を建てたあとに使いにくい土地が多いです。


 

そのため、非整形地を購入する場合はよく検討する必要があります。


 

また、買主にとって非整形地は魅力が劣るので、売却する場合も価格が安かったり、難航することが考えられます。




 

土地売買で気にすべきポイントと注意点を紹介





非整形地を購入したいとき、注意点がいくつかあります。


 

一般的に、売却価格が低くなる非整形地。


 

買う側としては安く土地を購入できるメリットがありますが、いざ建てようとすると、思ったような建物を建てられないリスクは注意点として把握するべきでしょう。


 

では、非整形地を売買することでどんなメリットがあるのでしょうか?


 

非整形地を買う側の最大のメリットは、購入価格や固定資産税などの税率が抑えられることです。


 

非整形地は扱いにくい部分はあるものの、建築する建物の設計を工夫することで活用することは可能です。


 

非整形地を有効活用するプランを組むことができれば、土地取得のコストを抑えることができます。


 

ただし非整形地に建物を建てたい場合、整形地よりも設計や施工の際に難しい対応が必要な場合が出てきます。


 

購入前に、ハウスメーカーや工務店に、購入予定の非整形地の図面を見せて相談するのが安心です。


 

それでは、非整形地を少しでも高く売りたい場合はどうすればいいでしょうか?


 

非整形地は、近隣の整形地の相場より査定価格も何割か下がってしまったり、なかなか売れない場合もあります。


 

そんなときは、非整形地の売買が得意な業者に頼るのがおすすめです。




 

まとめ





土地は大きな買い物なので、土地選びのポイントや売買時の注意点をしっかり確認し、リスクの低い判断をしましょう。


 

土地を売りたい場合は、信頼できる業者を通したり、契約内容をしっかり確認するなど、トラブルを防ぐように心がけてください。




株式会社八大不動産では、高浜市・碧南市を中心に売買物件情報を多数ご紹介しています。

 

マイホーム購入を検討している方は、ぜひ当社へご相談ください


≪ 前へ|★碧南市縄手町5丁目新築分譲住宅~建築中~   記事一覧   ★碧南市伏見町新築分譲住宅~1号棟~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


高浜市清水町売土地

高浜市清水町売土地の画像

価格
3,200万円
種別
売地
住所
愛知県高浜市清水町1丁目
交通
三河高浜駅
徒歩25分

知多郡武豊町 パナソニックホームズの家

知多郡武豊町 パナソニックホームズの家の画像

価格
4,590万円
種別
中古一戸建
住所
愛知県知多郡武豊町字石川
交通
上ゲ駅
徒歩13分

リバティーハウス

リバティーハウスの画像

賃料
3.9万円
種別
マンション
住所
愛知県碧南市新道町1丁目
交通
新川町駅
徒歩19分

トップへ戻る