株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の専有面積とは?計算方法や一人暮らしにおすすめの広さを解説!

賃貸物件の専有面積とは?計算方法や一人暮らしにおすすめの広さを解説!

≪ 前へ|一戸建てのペットのにおい対策!においの原因や導入すべき設備とは?   記事一覧   賃貸の契約期間は2年が多いのはなぜ?契約の更新や途中解約について解説|次へ ≫
カテゴリ:賃貸Q&A

賃貸物件の専有面積とは?計算方法や一人暮らしにおすすめの広さを解説!

お部屋を探す際、基準となる条件は人によってさまざまですが、お部屋の広さは快適に暮せるかどうかの重要な条件ではないでしょうか。
快適に暮らせるお部屋を探すために、不動産情報サイトに掲載される専有面積とは何か、どのように計算された数値なのか、一人暮らしで快適に過ごすために必要なお部屋の広さなどを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における専有面積とは?範囲はどこまで?含まれないスペースとは?

賃貸物件における専有面積とは?範囲はどこまで?含まれないスペースとは?

お部屋の広さを表す専有面積とは、室内の面積を示すものではありますが、具体的にどこからどこまでの範囲を計算しているか知っていますか?

居住者のみが使用できる部分?専有面積とは何を表す項目?

アパートやマンションなどの賃貸物件では、居住者のみが専有・使用できる専用部分と、同じ建物に住む入居者と共同で使用する共用部分とに分けられています。
では、専有面積とは居住者だけが使用可能な専用部分と同じ範囲を示しているかというと、明確に同じではありません。
専有面積とは、居住者のみが使用可能な室内空間の床面積のことを意味しており、玄関やリビングや寝室、キッチンや浴室などがその範囲に含まれます。
賃貸物件の情報サイトでは、間取りと一緒に表示され、お部屋探しの条件の1つにも取り上げられる項目です。
単純に室内空間のすべてが対象範囲というわけではないため、そこに含まれないスペースがどこなのかを知っておくと良いでしょう。

1部屋の専有面積に含まれるスペースとは?

情報サイト上の数値で見た広さの感覚と実際に内見に行って見てきた広さと、なんだか合致しないような感覚に陥った経験はありませんか?
数値と体感の広さにズレが生じる理由は、居住空間のなかに専有面積には含まれないスペースが存在しているからです。
代表的なスペースは、屋外にあるベランダや玄関ポーチ、一定の条件を満たさないケースのロフトが挙げられます。
屋外にあるベランダやテラスは、室内空間ではないことと、規約上は共用部分と位置付けられていることから含まれていません。
同じく、居住者が専有するスペースの1つに玄関ポーチがありますが、こちらも共用部分の廊下の一部とみなされています。
ロフトは、その広さと高さが一定の数値を超えると2階部分とみなされ、専有面積に含まれますが、基本的には含めず計算されます。
その数値とは、お部屋の専有面積の半分に満たない、天井高が1.4m以下の2つの条件を満たさなければ計算には含まれないため、表記された数値よりも広く感じることがあるでしょう。

賃貸物件の専有面積を表す2つの計算方法!なぜ2つあるのか?

賃貸物件の専有面積を表す2つの計算方法!なぜ2つあるのか?

賃貸物件の専有面積を計算する方法には2つありますが、どうして方法の異なる2つが存在しているのか、計算方法を知ることで数値のズレやその意味がわかります。

分譲マンションで使用される壁芯面積の計算方法

壁芯面積とは、壁の厚さの中心点を壁の芯とみなし、壁芯で室内をぐるりと一周させた内側の面積を算出します。
この方法の特徴は、壁の内側の一部や柱も面積に含まれるため、数値よりも実際のお部屋を狭く感じられることが多いです。
賃貸物件でも用いられるケースはありますが、多くの場合は建設中に販売を開始する分譲マンションで用いられています。
それは、不動産の公正競争規約により、原則として壁芯面積で表記するよう定められていることや、建築中であっても図面から専有面積を算出できるとの理由からです。
壁の厚みによっては、実際に使用可能なスペースが大きく削られてしまうため、数値で見る情報だけでお部屋を決める場合には、その差に気を付けなければなりません。

賃貸物件では登記簿の記載と同じ内法面積が多い

もう1つの計算方法は賃貸物件で多く用いられている内法面積で、実際に使用可能なスペースである壁の内側の面積を算出しています。
壁や柱を含めないので、数値と実際に体感する広さに差がなく、賃貸物件の広告や情報サイトに記載された数値から、物件の比較検討がしやすいでしょう。
前項で分譲マンションは壁芯面積で表記されているとしましたが、これは新築に限った規則で、中古となった場合には内法面積での表記が認められています。
賃貸物件の場合は、どちらの方法で算出した面積を掲載しても問題はないため、不動産会社によって掲載する数値が異なる場合があります。
どちらの方法で計算したのか、明記されている事がほとんどないので、お部屋の面積が気になる方は不動産会社に問い合わせ、確認しておきましょう。

快適な一人暮らしをするなら専有面積はどのくらいが目安?

快適な一人暮らしをするなら専有面積はどのくらいが目安?

内見をすることは必須ですが、まずは情報サイトに掲載された内容だけでお気に入りの賃貸物件を絞り込むために、一人暮らしの目安となる専有面積がどれくらいかを知っておきましょう。

快適に過ごせる一人暮らしに必要な広さの目安とは?

一人暮らしの場合には、部屋数や1部屋の広さはそこまで求められることがないため、ワンルームでも十分快適に過ごすことができるでしょう。
よくあるワンルームのお部屋の間取りは1Rや1Kで、その専有面積は平均15〜20㎡ほどのお部屋が多く見られます。
玄関を入るとすぐに居住空間があり、洗面台とバストイレが一緒になった3点ユニットが玄関近くに配置される間取りが多いです。
キッチンはお部屋とユニットバスとの境の壁際に配置され、寝食の空間がすべて1つにまとめられたコンパクトな造りをしています。
荷物がそこまで多くない、家賃を抑えたい、掃除の手間を省きたい一人暮らしの方には、このようなワンルームがおすすめです。
ただし、独立したリビングや寝室がなく、収納もそこまで大きなスペースではないので、荷物の多い方や寝食のスペースを分けたい方には向いていません。
もう少し広さがほしい方は、1DKなどの間取りで専有面積20〜25㎡を目安にお部屋を探してみると、希望のお部屋が見つかる可能性が広がります。

荷物が多い方や女性は25〜30㎡くらいを目安に考えてみよう

女性は一般的に男性に比べると荷物が多いとされており、ワンルームでは少々手狭に感じられるかもしれません。
収納に荷物が入りきらず、お部屋に出しっぱなしになってしまうのが嫌な方は、25〜30㎡の広さを目安に、1DKや1LDKの間取りのお部屋を探してみましょう。
この広さのお部屋になると、バストイレは別やキッチンが独立した空間となっている間取りが多くなり、快適性が増します。
一人暮らしの荷物を収納するのに十分なスペースがあり、室内にチェストを置いて収納を増やすことも可能な広さです。
玄関からリビングや寝室が見えにくくなる点は防犯性を高めてくれるため、女性の一人暮らしに向いていると言えるでしょう。
30㎡ほどの専有面積になると一人暮らしでは贅沢に空間を使えますが、カップルや子どものいない夫婦にもおすすめです。

体感する広さは間取りで変わることに注意!

ベランダやロフトなど、居住者のみが使用可能な専用部分でありながら、専有面積に含まれないスペースがありました。
このようなスペースを含め、間取りによって体感するお部屋の広さは異なるため、内見時に荷物や家電の配置を具体的にイメージし、必要な広さを考えてみましょう。
数値的には広いと感じても、独特な間取りなどの場合には広さを感じにくく、住みにくいと感じられるかもしれません。
広さはあくまでも目安なので、実際にお部屋に足を運び、室内の状態から設備の有無、周辺地域をよく観察して、素敵なお部屋を探してください。

まとめ

今まで、何となく目にしていた賃貸物件の情報も、その意味やどうやって算出されたものなのかを知ることで、お部屋探しに役立つ知識となります。
快適な暮らし、住みやすいお部屋を探すために知識は必要ですが、わからないことがあればぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一戸建てのペットのにおい対策!においの原因や導入すべき設備とは?   記事一覧   賃貸の契約期間は2年が多いのはなぜ?契約の更新や途中解約について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


イーストシングル

イーストシングルの画像

賃料
3.9万円
種別
アパート
住所
愛知県高浜市向山町6丁目6-15
交通
三河高浜駅
徒歩19分

フォーレストGK

フォーレストGKの画像

賃料
4.1万円
種別
マンション
住所
愛知県高浜市春日町5丁目
交通
三河高浜駅
徒歩3分

プライムハウス

プライムハウスの画像

賃料
4.2万円
種別
マンション
住所
愛知県碧南市新道町4丁目
交通
北新川駅
徒歩19分

Liberty21

Liberty21の画像

賃料
6.1万円
種別
マンション
住所
愛知県高浜市稗田町4丁目
交通
高浜港駅
徒歩7分

トップへ戻る