株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件に空室ができてしまう理由とは?調査方法をご紹介

賃貸物件に空室ができてしまう理由とは?調査方法をご紹介

≪ 前へ|不動産売却するときに知っておきたい!消費税の課税・非課税   記事一覧   昨日の釣果|次へ ≫
カテゴリ:管理とは



賃貸経営を行なっている方が困るのが、空室問題です。

 

せっかく購入して貸し出しても空室が続いてしまっては収入を得ることができません。


最近は、新型コロナウイルスの影響もあります。

 

今回は部屋の稼働率を上げるためにはどうすればいいのか、空室ができてしまう理由や調査の必要性を紹介していきます。




賃貸が空室





賃貸が空室になってしまう理由とは




部屋の空室が増えてしまう理由を部屋の間取りなど、部屋自体の問題で片づけてしまってはいませんか?

 

部屋自体に問題がある場合も多くありますが、実はその他に「集客戦略」「営業戦略」「価格戦略」「商品戦略」「付加価値」がうまくいってない場合にも空室が増えてしまうのです。

 

では稼働率を上げるためにはどうすればいいのでしょうか。




 

賃貸が空室になってしまう理由を調査する





ここで必要になってくるのが、上記の5つの理由を調査することです。

 

調査するポイントとしては、顧客の動きと管理会社の動きについてです。

 

顧客の動きについては、


自分が所有している賃貸があるエリアから違うエリアに顧客が流れていないか、


賃貸から分譲や一軒家に乗り換えている人が増えていないか、


分譲が賃貸として売りに出されていないか、


リノベーション物件の人気はどうか等


周りの状況をチェックしましょう。


 

管理会社の動きについては調査しにくいかもしれませんが、非常に重要です。


 

調査内容は、


・管理会社が集客をできているか


・他の物件と差別化した紹介や価格設定の見直しができているか


・営業努力を行なっているか


・共用部分の掃除や近隣トラブルなどに対処できているのか等



調査する必要があります。



 


賃貸に空室が増えたら管理会社を変える




調査の結果、管理会社の手が行き届いてないと判断した場合は思い切って不動産管理会社を変えるのも一つの手です。

 

不動産管理会社自体に人が集まっていなければ、自分の物件を紹介できる母数も減ってしまうので結果として入居者は増えません。

 

入居者を増やすためには、できるだけ多くの人に物件を紹介することが重要です。

 

その上で、価格設定や間取りを他の部屋との差別化をすることで、入居率がアップしていきます。

 

管理会社との付き合いも大切ですが、管理会社の営業努力が見られない場合には、今後も空室をうめることは難しいでしょう。

 

管理会社に現状を相談しても改善しない場合は、違う不動産会社への変更を視野に入れる必要があります。



 

まとめ




賃貸物件の空室を減らすためにはなぜ稼働が悪いのか、その理由を調査し改善に努める必要を紹介しました。

 

市場の問題・募集の仕方の問題など理由は様々ですが、不動産管理会社を変えて解決できるのなら試してみてはいかがでしょうか。

 

私たち株式会社八大不動産では、不動産売却だけでなく、アパート賃貸物件等の管理も行っております。

 

物件管理でお悩みのオーナーさんは、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|不動産売却するときに知っておきたい!消費税の課税・非課税   記事一覧   昨日の釣果|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


アヴァンス翼

アヴァンス翼の画像

賃料
4.2万円
種別
アパート
住所
愛知県高浜市神明町6丁目
交通
三河高浜駅
徒歩21分

サンビレッジ

サンビレッジの画像

賃料
4.9万円
種別
アパート
住所
愛知県碧南市三度山町3丁目96
交通
北新川駅
徒歩23分

アリビオ

アリビオの画像

賃料
3.9万円
種別
アパート
住所
愛知県碧南市縄手町1丁目
交通
碧南中央駅
徒歩40分

プライムハウス

プライムハウスの画像

賃料
4.2万円
種別
マンション
住所
愛知県碧南市新道町4丁目
交通
新川町駅
徒歩21分

トップへ戻る