株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件のお部屋を広く見せるレイアウト!視覚編と色選び編

賃貸物件のお部屋を広く見せるレイアウト!視覚編と色選び編

≪ 前へ|★高浜市稗田町第2新築分譲住宅~2号棟完成~   記事一覧   不動産購入で使える補助金の概要や種類は?|次へ ≫

賃貸物件のお部屋を広く見せるレイアウト!視覚編と色選び編

カテゴリ:賃貸Q&A




賃貸物件におけるレイアウトを工夫して、一人暮らしのお部屋を少しでも広く見せる工夫をしましょう。


 

限られた広さだからこそ、効果的な方法を使うと、より快適な住空間を演出できますよ!


 

視覚編と色選び編の2種類に分けて、賃貸物件を広く見せるレイアウトについて解説します!




 

賃貸物件のお部屋を広く見せるレイアウト!視覚編と色選び編





賃貸物件を広く見せるレイアウト!視覚編

 




賃貸物件を広く見せるレイアウトに簡単に利用できる、視覚による効果をみていきます。

 



家具の高さは目線より下


 

目線より下にある物は視線を遮らないので、空間に圧迫感を与えません。


 

お部屋の家具の高さを全体的に低めにすれば、背の高い家具を選んだ場合より開放的な空間をつくれます。


 

一人暮らしであれば、テーブルとイスではなく、座卓などのフロアスタイルの家具がおすすめです。




 

背の高い家具の配置は部屋の端


 

背の高い家具があるなら、部屋の隅に配置するようにしましょう。

 


出入り口から見て手前寄りに置くと、より一層効果的に広さを演出できます。

 


ワンルームなら、キッチンから居室へと入った近辺がおすすめです。

 


部屋の奥に窓のある間取りが多いので、光をたっぷり取り込めるレイアウトにもなり、明かりによる開放感ももたらすでしょう。



 

家具の占有範囲は床面積の1/3程度


 

床に物を置かず、なるべく床面積を残すような家具の配置もおすすめです。

 


あわせて、動線を一直線にするなど、視覚的にすっきりするレイアウトも検討するとより効果的ですよ!




 

賃貸物件を広く見せるレイアウト!色選び編

 




賃貸物件を広く見せるレイアウトを、色選びという観点からみていきましょう。

 



大型家具は壁と類似色

 


面積をとる大型家具は壁と似たような色味にすれば、窮屈感がでにくく、お部屋が広く見えます。


 

多くの物件で白っぽい壁が多いので、白やベージュ、グレーなどがおすすめです。



 

明るい色を多く取り入れる


 

明るい色は広がりを感じさせるので、お部屋のベースカラーを白などの明るめの色にしましょう。

 


濃い色は狭く見える特徴があるので、引き締めたい部分に効果的に用いてくださいね。



 

後退色で奥行き感をだす

 


寒色系は後退色といって、奥行きを感じるカラーなので、広く見せるレイアウトにおすすめです。


 

部屋の奥にあたるカーテンなどにうまく寒色を活用してみましょう。





 

まとめ

 




賃貸物件でお部屋を広く感じさせるレイアウトをしたいなら、視覚や色選びに注目しましょう。


 

視線と家具の高さや配置、配色による奥行き感の演出など、知っておくと同じお部屋でも、居心地が大きく左右されます。

 


快適でおしゃれな空間をつくって、ぜひ一人暮らしを楽しんでくださいね!



私たち株式会社八大不では、高浜市、碧南市、刈谷市、安城市を中心としたアパートや貸店舗、リース用地等の賃貸情報を数多く取り扱っております。



お引越しをご検討の方は、お気軽に高浜市の八大不動産まで問い合ください。



≪ 前へ|★高浜市稗田町第2新築分譲住宅~2号棟完成~   記事一覧   不動産購入で使える補助金の概要や種類は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る