株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > アパート経営においてペット可の物件を保有することのメリットやリスク

アパート経営においてペット可の物件を保有することのメリットやリスク

≪ 前へ|一人暮らしは危険がいっぱい?しっかり対策して安全に暮らそう!   記事一覧   ★年末年始休暇のお知らせ★|次へ ≫
カテゴリ:賃貸Q&A



ペットを飼っている人にとって、引っ越す際に「ペット可」であるかどうかは次の物件を選ぶ際に非常に重要なポイントとなります。

 


ペットを飼いたくても、住んでいる物件がペット禁止だという理由で飼えないこともあるでしょう。

 


アパートを経営する側からすると、ペット可の物件を保有することにどのようなメリットやリスクがあるのでしょうか。





経営するアパートをペット可にするメリットとはなにか

 





経営するアパートをペット可にするメリットとはなにか

 




アパート経営している人にとって、保有する物件をペット可にすると何か恩恵を受けることがあるのでしょうか。



 

<ペットを飼っている人が選んでくれる>


 

大きなメリットの一つに、ペットを飼いたい人を集めることができる点があげられます。

 


禁止されている賃貸物件が多いため、ペットを飼っている人は「ペット可」という条件に絞って物件を探すことでしょう。

 


立地や築年数、家賃といった他の条件よりも優先されることが多いようです。

 




<一度入居すると長期間住むことが多い>

 


一度入居した人が長期間住んでくれることは、安定的なアパート経営をする上で大きなポイントとなります。

 


ペットを飼える物件が少ないため、ペットを飼っている人は一度入居すると長期間住んでくれる可能性が高いといえます。

 


転勤や結婚といったライフスタイルの変化など、必要に迫られない限りは住み続けることが多いでしょう。




 

経営するアパートをペット可にするリスクとはなにか



 

入居希望の人が増える一方で、保有する物件をペット飼育可能にすることにはリスクも考えておかなければなりません。

 



<管理の手間がかかる>

 


アパートを経営していると、入居者が退去したあとにクリーニングや原状回復といった作業をする必要があります。

 


ペットを飼っていると部屋に臭いがついたり壁や床を傷付けてしまったりすることもあるでしょう。

 


ペットがいない場合に比べると原状回復費が余計にかかることを頭に入れておくようにしましょう。



 

<ペットを飼っていない人とのトラブル>


 

ペットの飼育可能な物件だからといって、入居者全員がペットを飼っているとは限らない場合もあります。


 

そういった場合に、ペットの鳴き声や共用部分の汚れなどがトラブルの原因になってしまうことも。


 

ペットを飼っている人を集めることができても、他の入居者が退去してしまっては元も子もありません。


 

トラブルになりかねない原因への対策は考えておく必要があるでしょう。




 

まとめ

 



アパート経営をする上でどのような物件を保有するか、物件の入居条件をどのように設定するかは重要なポイントです。

 


保有する物件をペット可にすることには、入居者を集めることができたり長期間住んでくれたりとメリットがあります。

 


その一方で管理に手間がかかったり、他の入居者とのトラブルの原因となってしまったりというリスクも考えられます。


 

それぞれを考慮した上で、保有する物件をペット可にするかどうかを検討するようにしましょう。



私たち株式会社八大不動産は、高浜市や碧南市の不動産情報を多数取り扱っています。

 

何かご質問やご相談がございましたら、ぜひ当社までお問い合わせください。



≪ 前へ|一人暮らしは危険がいっぱい?しっかり対策して安全に暮らそう!   記事一覧   ★年末年始休暇のお知らせ★|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ベルドミール上松B

ベルドミール上松Bの画像

賃料
7.2万円
種別
アパート
住所
愛知県刈谷市小垣江町上松
交通
小垣江駅
徒歩11分

プライムハウス

プライムハウスの画像

賃料
4.2万円
種別
マンション
住所
愛知県碧南市新道町4丁目
交通
新川町駅
徒歩21分

ファンタビュラス

ファンタビュラスの画像

賃料
5.9万円
種別
アパート
住所
愛知県碧南市新道町4丁目
交通
北新川駅
徒歩18分

トップへ戻る