株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > 共有名義で不動産売却をする方法と注意点についてご紹介!

共有名義で不動産売却をする方法と注意点についてご紹介!

≪ 前へ|不動産売却を住みながらするメリット・デメリット!内覧ポイントは?   記事一覧   お盆休み開始|次へ ≫
カテゴリ:売買Q&A




共有名義の不動産売却にはいくつかのポイントがあるので、基礎知識を備えておくと安心です。



名義人が複数いるだけに、手続きが面倒になりがちなので、注意する必要があります。



共同名義における不動産売却について、その方法と注意点をご紹介します!




共有名義






共有名義で不動産売却する方法とは?





不動産の共有名義とは、所有権を複数人でもっている状態です。


たとえば、マイホームを夫婦双方の名義にして購入していれば、その自宅は共有名義になります。


二世帯住宅などを親子で建てる際や、相続で譲り受けた実家を兄弟姉妹で所有する際なども同様です。


売却方法は、基本的には一人で所有する不動産と同じ流れですが、すべての段取りにおいて、所有者全員の確認を取る必要があります。


以下で、具体的な売却方法を3つみていきましょう。




・名義人全員の承諾を得る



・自分の持ち分を売却する



・所有者を一人にする




名義人全員が売ることに賛成すれば、スムーズに売買可能です。


共有名義には共有持分があるので、自分の持ち分だけ売ってしまう方法もあります。


分割できる土地であれば、多少現実性がありますが、実際には持ち分だけ買取りたい人はあまりいないようです。


所有者を一人にしてしまう方法もあり、共有者はその一人に対して持ち分を売れば、所有者を単独にできますよ。






共有名義で不動産売却する注意点とは?






共有名義で不動産を売却する注意点をご紹介しますので、トラブル回避のために目を通しておいてくださいね。


基本となる3つの注意点をみていきましょう。




名義の確認をする



誰が名義になっているのかを、入念にチェックする必要があります。


相続などで長期間放置したままの不動産などでは、所有者が分からなくなっているケースもあるので注意しましょう。




住宅ローンの残債



住宅ローンが残っていると、残債を完済しないと売却できません。


売買金額より残債が多いと、自己負担金が必要になるので、所有者間で金額の負担について話し合う必要がでてきます。




書類をそろえておく



売買には必要書類があるので、売ることを決めたのであれば、以下の書類を最低限そろえておきましょう。



・権利証(登記識別情報)


・土地測量図、境界確認書


・住宅の場合は間取図、建築確認等


・身分証明書




その他、所有権移転時には印鑑証明書、住所変更がある場合は住民票が必要となります。


身分証明書や印鑑証明書等の書類は、所有者全員分が必要になります。






まとめ






不動産は共有名義でも売却できますが、通常より手順が煩雑になりがちなので注意しましょう。



所有者全員の意思確認の必要な点が、大きなポイントといえそうです。



まずは所有者の確認をして、できるなら単独名義に変更するのがおすすめかもしれません。



株式会社八大不動産では、高浜市・碧南市を中心に土地・新築分譲住宅、アパート等の不動産情報を多数ご紹介しています。


売却査定は無料で行っています。


ぜひお気軽に当社へご相談ください

≪ 前へ|不動産売却を住みながらするメリット・デメリット!内覧ポイントは?   記事一覧   お盆休み開始|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


知多郡武豊町 パナソニックホームズの家

知多郡武豊町 パナソニックホームズの家の画像

価格
4,680万円
種別
中古一戸建
住所
愛知県知多郡武豊町字石川
交通
上ゲ駅
徒歩13分

アヴァンス翼

アヴァンス翼の画像

賃料
4.2万円
種別
アパート
住所
愛知県高浜市神明町6丁目
交通
三河高浜駅
徒歩21分

アンジュハーツ

アンジュハーツの画像

賃料
5.8万円
種別
アパート
住所
愛知県高浜市沢渡町3丁目5-16
交通
三河高浜駅
徒歩5分

サンビレッジ

サンビレッジの画像

賃料
4.9万円
種別
アパート
住所
愛知県碧南市三度山町3丁目96
交通
北新川駅
徒歩23分

トップへ戻る