株式会社八大不動産 > 株式会社八大不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続における共有名義とは?トラブルにはどう対処する?

不動産相続における共有名義とは?トラブルにはどう対処する?

≪ 前へ|親の土地などの不動産を売却するには?その方法と注意点   記事一覧   賃貸物件の空室対策に効果的!コンセプト賃貸物件のメリット・デメリットとは|次へ ≫
カテゴリ:売買Q&A

不動産相続における共有名義とは?トラブルにはどう対処する?

 

遺産を相続するとき、家や土地などの不動産は共有名義で保有することがあります。

 

共有名義は長期間放置するとトラブルの原因にもなりかねないので、早めに対処することをおすすめします。

 

そこで今回は高浜市・碧南市で不動産の相続を予定されている方に向けて、共有名義のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

 

不動産相続における共有名義のメリット・デメリットとは


 

共有名義とは、土地や家などの不動産を複数人で保有することをいいます。

 

共有名義のメリット・デメリットは次の通りです。

 

メリット

 

相続人同士の公平性が保たれるので、遺産分割の際にもめずに済みます。

 

また遺産相続時にはほかにもさまざまな手続きや作業をおこなう必要があるので、現時点では複数人で保有し、後々じっくり共有者同士で話し合えるのも魅力です。

 

デメリット

 

共有する不動産の管理方法の変更は単独で決められないため、共有者の間で認識の違いなどが起こると、解決が難しくなる点がデメリットです。

 

また長期間共有名義で家や土地を保有すると、相続人のうちの一人が亡くなると新たな相続人が選定されるので、年々共有者を把握するのが難しくなります。

 

不動産は持分だけの売却もできるので、見知らぬ人が共有者になっていることもあるので注意が必要です。

 

共有名義の不動産相続でトラブルが発生した場合の対処法は?


 

不動産の保有者が複数人いると意見の違いや固定資産税の未払いなど、年月がたつにつれてトラブルの原因になりかねないので、なるべく早いうちに対処するのがおすすめです。

 

ここでは共有名義が原因でトラブルが発生してしまった場合の対処法をご紹介いたします。

 

共有状態を解消する

 

早めに不動産の保有者を単独にし、共有状態を解消するようにしましょう。

 

自分の持分を買い取ってもらう場合は、持分の割合が多い人に打診するのがおすすめです。

 

また相手の持分を買い取る場合は、共有者全員と個別に相談し、全員と売買契約を結ぶ必要があります。

 

誰も単独所有を望まない場合は売却し、それぞれの持分に応じて売却代金を分配しましょう。

 

トラブルが解決しない場合は?

 

上記に挙げた対処法は共有者全員の許可を得る必要があるため、なかなか解決しないことがあります。

 

共有者同士での話し合いが平行線で進まない場合は、弁護士などの専門家に相談し、スムーズな解決を目指しましょう。

 

まとめ


 

今回は高浜市・碧南市で不動産の相続を予定されている方に向けて、共有名義のメリット・デメリットについてご紹介いたしました。

 

遺産に共有者がいるとトラブルの発展にもつながりかねないので、早めに対処することを心掛けましょう。

 

株式会社八大不動産では、高浜市を中心に多数の不動産情報を扱っております。

 

物件探しの際にはぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|親の土地などの不動産を売却するには?その方法と注意点   記事一覧   賃貸物件の空室対策に効果的!コンセプト賃貸物件のメリット・デメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


碧南市堀方町二丁目 中古住宅

碧南市堀方町二丁目 中古住宅の画像

価格
1,780万円
種別
中古一戸建
住所
愛知県碧南市堀方町2丁目
交通
新川町駅
徒歩14分

知多郡武豊町 パナソニックホームズの家

知多郡武豊町 パナソニックホームズの家の画像

価格
4,590万円
種別
中古一戸建
住所
愛知県知多郡武豊町字石川
交通
上ゲ駅
徒歩13分

高浜市論地町2丁目

高浜市論地町2丁目の画像

価格
2,100万円
種別
売地
住所
愛知県高浜市論地町2丁目
交通
高浜港駅
徒歩16分

高浜市清水町売土地

高浜市清水町売土地の画像

価格
3,200万円
種別
売地
住所
愛知県高浜市清水町1丁目
交通
三河高浜駅
徒歩25分

トップへ戻る